2004年10月29日

陸@農大一高前

こんばんは、今回も番外編をお贈りします。
本日は…

陸@農大前

お家からわりかし近い、亜流店です。
今更ですが、ご主人は二郎@上野毛で修行して、開店したらしい。
19時頃お店に到着。先客は5名ほど。
今回のオーダーはラーメン麺少なめ(野菜・アブラ)で¥550なり。

riku01

店内のラジオを聴いていると、15分ほどで出てきました。
ここではにんにくは自分で加えます。あまり入れすぎると大変なことになりますので。
野菜はキャベツ:もやしが5:5で、ここでは別々によそられています。
その上から青ねぎがかかります。
野菜はしゃきしゃきとした歯ごたえでした。
豚は2枚。ネットで散々言われてることですが、(゚д゚)ウマー
ほどよい柔らかさと味付け、脂身も程よい感じです。
スープは前回と違って、辛くなったように感じました。
とは言え、丁度いい感じ。多分ですが、みりんの風味が強めに感じられました。
総合評価、この値段でここまで満足できるなんて幸せです。
接客も爽やかだし、量も麺少なめで十分だし。
ご主人、良い仕事してますね!!
posted by 硝子の心臓 at 23:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 亜流店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月23日

ラーメン二郎@環七新代田店

今回からは、ホームである新代田も紹介させていただきますね。
っていうふりがあるからには、今回訪れたのは…

二郎@環七新代田店

唯一、自転車で行ける二郎ってことで、行く機会が以上に多くていまや自分的にはホームな二郎です。
お店には、19時30分頃到着。
丁度、1席だけ空きがあったので並ばずに済みました。
でも、お店は満席で食べているのは十数人に対し5人程度。
ここは1ロットが出来上がるまでの時間が長いのが難点です。
1ロット5人分なのに、20分くらいかかるし…
注文はラーメン(野菜・にんにく)で¥600なり。

jirou-sinndaita

30分位してやっとこ、出てきました。
野菜はキャベツ:もやしが1:9でくたくたに煮られています。
あぶらはいつも通りに2センチくらいの透明油の層がありましたが、今日は固形のも浮いてました。
豚は2枚。ホクホクしたシーチキンのような食感。
スープはいつもよりもカラサばかりが目立つものではなく、豚のコクが利いていました。
新代田は油の層が厚いので、出てきてすぐに下の麺をほじくり出してから食べることをお薦めします。
お行儀悪いけどね…
総合評価として、この日は当たりでした。
いつもよりもカラサだけでなく、豚のコク・みりんの風味などが絶妙なスープでした。
いつもスープ単体では飲めないほどなのに、この日はスープ飲み過ぎてしまいました。

この日びっくりしたことが3つほどありました。
1、隣のおじさんが半分以上残して、出て行ってしまったこと。
2、「にんにく入れますか?」と言われて、「はい?」って言っていた女の子2人組みが完食していった事。
3、「全増し!」でって頼んでた人が2人もいたこと。
あれ以上にアブラの多いのなんて(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
posted by 硝子の心臓 at 00:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 二郎@環七新代田店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月15日

ラーメン〇二郎@本店

こんばんは、浪費の1週間を送っている硝子の心臓。
今日は今月の二郎番外編というとこで、

〇二郎@本店

今回は同行者として、しうばさん、佐野助さん、しゃけさん、タニケンさんと行ってきました。
無駄に多人数で二郎に行くのは何気に初めての体験です。

赤羽駅に20時に集合して、歩くこと20分強で到着。
すでに8人ほど天外に並んでまして、20分ほどで店内へ。
今回のオーダーはラーメン(野菜・アブラ・にんにく・生卵)で¥650なり。
今回は〇二郎のみ無料でつけられる、生卵を注文です。

marujirou-honntenn

10分ほどで、出てきました。
〇二郎ではアブラは別皿で来るんですね。
野菜はキャベツ:もやしが3:7程度でくたくたに煮られていました。
アブラは自分で別皿のを自由に加えられます。
豚は大きいのが1枚と塊が2つ、ほくほくした食感でした。
スープはだいぶ、甘め。新代田がホームの自分には物足りないかなぁって感じでした。
途中で生卵を投入しましたが、個人的には合うかなぁっといった感じ。
しうばさんは合わないって言ってましたが…
総合評価として、二郎は二郎でも〇二郎は違うものなんだと感じました。
posted by 硝子の心臓 at 00:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ラーメン富士丸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする