2005年11月19日

ラーメン二郎@環七新代田店

営業時間等々→硝子のデータベース


今日はようやっと、予定がなんとかなりそうなので噂の新メニュー目当てに新代田へ。
ホームを新代田にしているくせに、かなり乗り遅れてしまった感が否めませんね。

いつも通りに開店前を狙うも、前には8名の列。土曜は混みやすいようですね。
時間になるとシャッターが開き開店。いつの間にか入り口の自動ドアが自動に!
ってことは、本格的な冬の到来を予感させる身近な出来事ですな。

店内には店主さんと助手さんの2人体制。やはりこの助手さんは最近入ったようで。
いつもの助手さんと比べると店主さんの働き分が多いような気がします。
すりゴマはトッピングコールが出来るようで(あげこげは不可)助手さんから聞かれました。

この日の注文はすりゴマラーメン(アブラ・ニンニク)¥700+新生¥250+うずらの玉子¥100で¥1050なり。

daita-jirou40.JPG

出てきたラーメンは真っ黒でビジュアル的なインパクトは大。
決壊寸前なので、スープからいただくと、思いの他まろやか。
ゴマの風味は殆どというくらい少なくて、カネシも薄めになっている模様。
ただ、液体アブラの香りはいつもよりも芳醇でやばいうまい^^
元々美味しい麺もその影響をもろに受けて、もちろんのことうまい。
後はゴマがスープを吸って、野菜まで美味しくいただけますね。
元々ゴマは好きながら、摩った物は苦手でしたが、これは全然あり!
豚もいつも通りにジューシーな豚で満足です。
いつもよりもスープを飲んでしまったようで、新生を飲みながらでしたが。
お腹はいっぱいに。足りないかもという不安は全然大丈夫でした♪

変な例えになりますが、前回のあげ・こげが俺が俺がのFWだとすると。
今回のすりゴマは目立たないけど、いないと困る汗かき役の守備的なMFのよう。
目立たないんだけど、明らかにスープの(特にアブラの)香りを芳醇にさせてます。
ゴマがアブラの香りの手助けをしているのか、単に今日のスープの出来がいいのか。
前者ならば、ゴマが親油性なだけに相性が良いのか。後者ならそれだけってことに。
もしくは味薄め設定なので、カネシに主役を取られずにアブラが前面にってことですかね。

ともかく、大満足で退店。店外の待ちは8人ほど。
ゴマは長生きの元とも言いますし、長続きして欲しいメニューです。
次回は液体アブラの香り解明のために、久々に味薄めかなぁ。
posted by 硝子の心臓 at 19:43| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(3) | 二郎@環七新代田店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする