2006年06月18日

ラーメン二郎@新宿小滝橋通り店

営業時間等々→硝子のデータベース


今日は新宿西口の方に用事。少し遠いが小滝橋店へと足を伸ばす。

19:00頃の到着で店内は6割がた埋まっている。
店内には男性の店員さんが2名。店主と思しき人は見当たらず。

本日の注文はぶた入りラーメン(全まし)¥700+メンマ¥100で¥800なり。

kotakibasi-jirou2.JPG

ここでは食券を出す時にトッピング言うんでしたね。少し戸惑ってましたw

まずはスープを。かなりしょっぱく、カネシが前面に出てきている。
そして、特に香るわけでもない液体アブラの層が少しくどく感じました。
これだけ書くと、以前の新代田っぽいんですが違うんですよね。
麺は噛むとムニュっとした完食。標準的な硬さでした。
豚は7枚くらい。最初食べた5枚はホクホク系の食感でまずまずでしたが。
後の2枚がシャキシャキするほどの硬さでした。これはいただけませんねぇ。
メンマはごま油の風味がするもの。100円だと丁度良い量ですかね。

個人的な印象は以前訪問した時と変わらず。
そういえば、去年訪問した時と同じ席に座っていたようです。
その点でも変わらずってことでしょうか…
posted by 硝子の心臓 at 22:05| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 二郎@新宿小滝橋通り店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする