2004年11月20日

らーめん辰屋@松陰神社前

いつもは毎週金曜が二郎の日なのですが、風邪により断念です。
ってことで今日に自分の二郎へはまるきっかけになった辰屋へ。

18時50分ごろ到着。先客は2名。
店員はいつもおなじみの店主1人。
ラーメンを作るのも、接客も楽しそうで好感が持てます。
店内にはテレビが1台。常にフジテレビだけど、店主の好みでしょうか?
注文は辰醤油ラーメン小で¥650なり。

tatsuya01

さて、10分ほどで出てきました。
野菜はそのつど茹でていて、シャキシャキとした歯ごたえ。
豚は、巻きチャーシューと言った方が良さげな見た目です。
個人的には、はしで持つだけで崩れるほどトロトロで大好きです。
だた、提供時には常温なのでスープに漬け込んで温めるのをお薦めします。
スープは辰屋にしては醤油のたつ味でした。アブラも液体アブラだけだし。
1年位前の背アブラが浮いた、少し甘めのスープが好みでした。
とはいえ、特筆ここですべきはやっぱり極太麺でしょう!
モチモチとした食感でやっぱり(・∀・)イイ!!
そういや以前店主が、「麺は漂白してない国産小麦だから、多少黒いんですよ。」
と言ってたのを思い出しました。

やっぱりここは完成度が高いっす。
二郎等々の他店舗じゃ味わえないですね。
ただ、冬場は外と店内の温度差が大変なことになるので、要注意です。
来店の際には食べる時の暑さ対策が必要だと感じます。いつもw
posted by 硝子の心臓 at 20:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 辰屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

模倣のすばらしさ
Excerpt: 【らーめん辰屋】 (※写真:辰醤油らーめん) 今日紹介するのは二郎系のラーメン屋です。今やチェーン店も多く、知る人ぞ知る二郎ですが、二郎にも色々なのれん分けが存在します。その中でも二郎で修行は..
Weblog: イタバの小話
Tracked: 2005-06-22 18:55

模倣のすばらしさ
Excerpt: 【らーめん辰屋】 俺流ランク ♂♂♂♂♂ (※写真:辰醤油らーめん) 今日紹介するのは二郎系のラーメン屋です。今やチェーン店も多く、知る人ぞ知る二郎ですが、二郎にも色々なのれん分けが存在します。..
Weblog: イタバの小話
Tracked: 2005-07-20 13:17