2008年11月22日

ラーメン二郎@立川店

営業時間等々→硝子のデータベース


本日は開店から約半年経過した、宿題店の立川へ。

14:00過ぎの到着で待ちは15人ほど。
回転はあまり早くなかったですね。

店内には店主さんと桜台で見たことある、テンション高めの男性の助手さんの2名体制。

本日の注文は小ぶた増し(アブラ・ニンニク)¥750+黒烏龍茶¥200で¥950なり。

tachikawa2.JPG
※画像は全てクリックすると大きくなりますよ。


tachikawa2'.JPG

まずはスープから。
アブラが回った微乳化スープは豚がよく出ています。
カネシは結構しょっぱめで、少しくどい感じもあります。

tachikawa2''.JPG

続いて麺。
表面はツルツルとし、食感はモチサクッとしています。
スープもよく染み込んで、相性もよくこれはかなり美味しい。
なんか、他の二郎では見ないようなタイプの麺ですね。

tachikawa2'''.JPG

最後に豚。
始めに申し上げますが、これはちと残念な出来でした。
例えますとハムのような食感のものが大半でした。
何枚か少し軟らかい豚もあり、こちらは美味しいものでした。

4月の開店日以来の立川でしたが、麺以外はすっかり別物になっていました。
麺は4月に食べたときと同じような独特の食感は変わらずでした。
すっかり多摩系の中でも存在価値があると思えるような一杯でしたね。
【関連する記事】
posted by 硝子の心臓 at 16:54| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 二郎@立川店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野菜マシの量もすごく増えてびっくりしましたよ。
Posted by 士郎 at 2008年11月26日 17:55
>士郎さん
私は逆に野菜コールせずに盛りが二郎らしくなくて拍子抜けしちゃいました。
野菜コールすればいい感じの盛りになるんですね。
今度行った際にはぜひさせていただきます。
Posted by 硝子の心臓 at 2008年11月27日 18:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック