2009年09月04日

ラーメン二郎@環七新代田店

営業時間等々→硝子のデータベース


本日も新代田へ。

小雨の降る中、20:00過ぎの到着で、店内空席2つ。
金曜日だけど、天候のせいか、空いていました。

店内には店主さんと、長谷部似助手さんの2名体制。
食券に100円を添えて、硝子「塩ってまだありますか?」
とお聞きすると店主さん「ありますよ。しょっぱめにしますか。」との返答。
ですので、二つ返事でお願い致しました。

休日前と言ったら、これいっちゃうわけで。

beer53.JPG

今回もつまみの豚をいただいてしまいました。最高です。

本日の注文は僕の塩チャーシュー麺W(しょっぱめ、全増し)¥950+ザ・プレミアムモルツ¥350で¥1,300なり。

daita-jirou226.JPG
※画像は全てクリックすると大きくなりますよ。


店主さんから「塩、全増しで?」と聞かれたので、こちらも二つ返事で返答。

daita-jirou226'.JPG

まずはスープから。
塩の場合は、ゴマ油に加え、みりん、一味唐辛子、貝柱スープなども入る模様。
この日の塩はしょっぱめだけあり、前回のタンメンっぽい塩とは違います。
これぞ、新代田の塩。っといったドライな塩のしょっぱさがガツンと。
ゴマ油と、ホタテの風味もほんのりと感じることができました。

daita-jirou226''.JPG

続いて麺。
こちらは前回と比べると、スープ以上に変化が。
スープを吸い込んだからか、絡むからか。
昔の新代田の、カネシで濃い茶色に染まった麺くらいにしょっぱいです。

daita-jirou226'''.JPG

最後に豚。
やはり、塩にすると豚の美味さが際立ちますね。
スープがいつも違うベクトルの味だからか、カネシの豚の旨みが強烈に感じられます。
一つ一つは小さい豚ですが、やはり旨みが十分につまっておりますな。

しょっぱめにすることで、これぞ新代田。っと言える、塩になりました。
久々に新代田の本気を垣間見せられたような気がしますね…


posted by 硝子の心臓 at 22:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 二郎@環七新代田店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック