2009年11月11日

ラーメン二郎@環七新代田店

営業時間等々→硝子のデータベース


本日も新代田へ。

21:00過ぎの到着で、店内に空席3席。
やはり、天気の悪い日は空いていますね。

店内には店主さんと長谷部似の助手さんの2名体制。
湿気の多い日は、店内が蒸し暑くなってくる季節になって参りました。

本日の注文はチャーシュー麺W(アブラ・ニンニク)¥850+かつおぶし¥50で¥900なり。

daita-jirou237.JPG
※画像は全てクリックすると大きくなりますよ。


毎度のしょうゆづけニンニク。本当に有り難いことです。

daita-jirou237'.JPG

まずはスープから。
今日は液体アブラ・スープ自体の出汁の出も弱めのスープ。
カネシの具合は、丁度良い感じのしょっぱさ。
新代田のスープにしては、かなりライトめなのではないでしょうか。

daita-jirou237''.JPG

続いて麺。
今日は店主さんが麺上げ。前回訪問時よりも少し細めでしょうか。
ムッチリとした中にも、ボソッと食感を残した、絶妙な茹で加減の麺。
スープの染み込みよりも、小麦の香りが勝っていました。

daita-jirou237'''.JPG

そして豚。
この日は最近の硬めな傾向の豚ではなく、それよりも少し柔らかめ。
とはいえ、以前のクオリティかというと、それほどでもない感じ。
個人的には嫌いじゃないんですが、ベストなときの豚の味をしってしまうとねぇ…

daita-jirou237''''.JPG

最後は途中で投入したかつおぶし。
個人的にはかつおぶしは液体アブラの香りを邪魔するので。
基本的には入れないんですが、今日みたいなスープの日はありですね。
かつおの風味がスープに広がり、麺にも絡みます。
いやはや、かつおぶし。今まで謙遜してて、ごめんなさい。

やはり、豚とスープの仕上がりには、何か関係性がありそうですな。
帰り際には店内は満席になっていました。

posted by 硝子の心臓 at 22:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 二郎@環七新代田店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック