2016年02月06日

ラーメン二郎@ひばりヶ丘駅前店



この日は行っていない二郎に行こうとひばりヶ丘へ。
遠い遠いと思っていましたが、池袋から急行で20分で着くんですね。

12:00過ぎの到着で、外待ち30名。
小1時間ほど待って店内へ。

店内には店主さんとのっぽりした男性助手さんの2名体制。

本日の注文はラーメン豚入り(アブラ・ニンニク)で¥800なり。

hibari-jirou3.JPG
※画像は全てクリックすると大きくなりますよ。

続きを読む
posted by 硝子の心臓 at 13:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 二郎@ひばりヶ丘駅前店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

ラーメン二郎@ひばりヶ丘駅前店

営業時間等々→硝子のデータベース
※硝子のデータベース2008年更新版は現在作成中です。


今日はひばりヶ丘へ。
実は2006年の12月ぶりの2回目の訪問です。
1年2ヶ月ぶりくらいです。ご無沙汰してますね。

18:00過ぎの到着で待ちは15名強。なかなかの並びですな。

店内には店主さんと頭にタオルを巻いて前掛けをした男性助手さんの2名体制。

本日の注文はラーメン豚入り(アブラ・ニンニク)で¥700なり。

hibari-jirou2.JPG
※画像は全てクリックすると大きくなりますよ。

続きを読む
posted by 硝子の心臓 at 21:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 二郎@ひばりヶ丘駅前店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

ラーメン二郎@ひばりヶ丘駅前店

営業時間等々→硝子のデータベース


今日はひばりヶ丘へ。開店時に訪れることが出来ず。
ずるずるとこんな時期までかかっちゃいました。

ひばりヶ丘の駅を出て、ロータリーを真っ直ぐ行くと、どこかしらから二郎臭。
程なく見つけることが出来ました。駅からは5分ほどですかね。
待ちは外に3名。っと空席が1席出来たらしく、前の3人組をワープして店内へ。
店内には店主さんとアジアンな雰囲気の助手さんの2名体制。
店主さんは三田の助手時代に見たことありますが、すっかり店主さんの風格ですな。

本日の注文はラーメン豚入り(野菜・アブラ・ニンニク)で¥700なり。

hibari-jirou1.JPG

さて、まずはスープから。
カエシにみりんが多いらしく、みりんの風味が強めですね。
そして、しっかりとコクがあり、カラメの出来上がり。
麺は二郎では標準的か少し細めの麺。これが侮るべからずですよ。
スープとの相性もよく、カネシをよく吸ってしょっぱうまい。
それでいて、小麦感もありで硬めの茹で具合の食感もいい。
こういう感じの麺は個人的に大好きなので、ガツガツいただいちゃいました^^
豚は面積が大きなものが5つ。脂身の部分が少し歯ごたえがあるのが残念でしたが。
赤みの部分は程よく脂がのっており、味の染みも十分なものでした。

待っている間、食べている間もすぐにお客さんが来て、ほぼ満席をキープ。
すでに地元のお客さんもついてきているようです。

味の方は神保町に似ていると聞いてきましたが、違った印象です。
開店から半年弱、既に個性が出てきているよう。あとは独自のメニューですかね。
ただ、量は神保町譲りの量で、野菜コールしたのを少し後悔しましたね。
posted by 硝子の心臓 at 22:11| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 二郎@ひばりヶ丘駅前店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする